• カキアツメドットコムではエロ小説サイトを運営しており、それに関する情報を提供する都合上、記事中にアダルトな内容を含む場合があります。ご注意いただくとともに、18歳未満の方の閲覧をお断りします。

Pixivでイラストや小説の閲覧数を”ほんのちょっとだけ”上げるSEO投稿法

イラストにせよ、小説にせよ、Pixivで活動している方は多い今日この頃。そんなPixivにおいてSEO効果をほんのちょっとだけ上げる方法があるためご紹介します。

本当に『ほんのちょっと』ですので、豆知識程度に考えておくといいでしょう。ですが手間は掛かりません。

SEOにおける『キーワード施策』という前提知識を確認する

この方法を理解するためには、まずSEO(検索エンジン最適化)について知っておく必要があります。

SEO視点で考える、エロ小説サイトのアクセス数(閲覧数)を増やす方法
カキアツメドットコムでは「おものべ」というエロ小説サイトを運営しています。 趣味の領域ならまだしも、収益化を目指すのであればやはりサイトのアクセス数は重要です。「SNSで宣伝する」「他のブログで宣伝してもらう」「そもそも良い作品を作る」な...

要点だけを言うと、『ページのタイトルに特定のキーワードがあると、検索エンジン(Googleなど)でそのキーワードを検索した時に上位に表示されやすい』ということです。

Pixivのページタイトルを見てみると『タグ』が仕込まれていることに気付きます

前提知識を踏まえて、Pixivの各作品ページのタイトルタグを見てみます。

タイトルタグはHTMLのソースを開くか、ブラウザのタブにマウスカーソルを当てると分かるでしょう。

以下は私がアップロードした作品を例にしてあります。ページはここ、照らし合わせて見てみてください。

◆HTMLのソース

Pixivソース

◆ブラウザのタブ

Pixivタブ

この2つによると、タイトルはこうなっています。

  • [R-18] #クリ責め #機械姦 6時間ぶっ続けのクリ責め連続絶頂。クリトリス販売サービスで働く女の子の1日 – お – pixiv

重要なのは赤字の部分。作品を投稿するときに設定したタグが、ページのタイトルに組み込まれているということです。
※『オリジナル』タグを除く

上の前提で、『ページのタイトルに特定のキーワードがあると、検索エンジン(Googleなど)でそのキーワードを検索した時に上位に表示されやすい』とご説明しました。

つまりタグの設定をいい感じにすることで、ページのタイトルにそのタグを組み込んでSEO対策ができる(≒アクセス数を増やすことができる)ということ。この例だと、『クリ責め』『機械姦』というキーワードで検索したときに表示されやすくなっていることになります。
(とは言っても『クリ責め』のほうは小説タイトルと被ってしまっていますが)

余談。

眉唾なお話に聞こえるかもしれませんが、Webに携わる人間からすると、この仕組みは極めて妥当ですし、調べれば調べるほど練り込まれていると感じます。

Pixivの運営側だって、サイトに人がたくさん来て欲しいと常々思っているはず。しかし各ユーザーは必ずしもSEO対策を考えて作品を投稿してくれるわけではありません。SEOに引っかかるキーワードの多そうなタグをタイトルタグに組み込むというのは、うまいやり方だと感じます。

しかしタグの設定によってはこの仕組みを最大限活用できなくなりますから、ここでご紹介と相成ったわけです。

Pixivの『タグ』を利用したSEOのキーワード施策のやり方

お話がややこしいので先に結論。

Pixivで作品を投稿するとき、タグの1つ目にSEO対策を意識したものを設定すればOKです。

※『SEO対策を意識したものを設定』については、上でご紹介したURLを参照してください。ざっくり言うなら、『みんながGoogleで検索してそうな単語を入れればいい』ということです

ここからは多少Webをかじったことがある方向けのお話。もう1度ページのタイトルを確認してみます。

  • [R-18] #クリ責め #機械姦 6時間ぶっ続けのクリ責め連続絶頂。クリトリス販売サービスで働く女の子の1日 – pixiv

このタイトルの構造を整理してみると、次のような要素に分けられます。

  • [R-18] #(タグ1つ目) #(タグ3つ目) (タイトル)(執筆者名) – pixiv

※後半の『お』は執筆者名で間違いないと思います。タイトルが長いせいで、重要度の低い執筆者名が途中で省略されてしまったものかと思います。

つまりこの例だけで見るなら、『タグの1つ目と3つ目でSEOを意識したものを設定すればいい』ということになります。

しかし他の作品も見てみると、どうやら作品によってページタイトルの構造が違うようです。私の作品内ではサンプルが取れず、他の創作者の方を出すのも気が引けるので、簡単な特徴だけ述べることにします。

  • イラストと小説ではタイトルの構造がちょっと違う。冒頭の『[R-18]』がなく、タグの1つ目しかタイトルに組み込まれていない。
  • タグがもともと2つ以下しか設定されていない場合、1つ目だけが組み込まれる

など。もしかしたら時間をかけて探したら、他にもいろいろな違いが出てくるかもしれません。

ただ少なくとも、タグの1つ目を意識して設定すれば、タイトルに組み込んでSEO効果が期待できそうです。

特にPixivでは、1つ目のタグに作品名やキャラクター名を設定する作品が多く見られます。それが妥当なのか、それともプレイの内容などから入れたほうがいいのかは、ふんわりとでも検討したほうが良さそうです。

【まとめ】頭の片隅に置いておくとちょっとだけうれしい知識です

何度も補足することになりますが、効果は極めて微々たるものです。

タイトルタグに所定のキーワードがなくてもGoogleの上位に表示されることはありますし、結局はコンテンツの内容が最も大切。それにSEO効果というのは、50位が49位になったとしても意味はなく、検索結果の1ページ目など本当に上位に表示されなければ意味がありません。効果があったとしても、間違いなく実感はないでしょう。

しかしやり方は『Pixivのタグの順番をちょっと考える』という実に簡単なもの。費用対効果はそこまで悪くはありません。投稿する時に頭の片隅に置いておいて、損はない知識だと思います。

※なおこれは2021年12月時点のもの、時期が違えば仕様も変わる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました